1から始める釣りガイド

おもしろいルアー釣り

とても面白いルアー釣りについて詳しく説明します

ルアー釣りは、疑似餌をつけて、その疑似餌を本当のエサのように、竿とリールを使って動かして、魚を捕える方法です。
疑似餌には、スプーン型、プラグ型、ワーム型などの種類があります。
スプーン型は、本当にスプーンの先のような形をしていて、水中でヒラヒラをまるで小魚のように動きます。
プラグ型は、魚の形をしている物が多くて、水中でいろんな動きをする物が売られています。
ワーム型は、ミミズのようなエサの形した物もあります。
それらを付けた糸を竿によって、魚のいそうなポイントに投げては、リールを利用して引き寄せて、魚をおびき出して釣ります。
日本の場合には、ブラックバスや雷魚などが捕えられる場合が多いです。
本当のエサが必要ないので、エサを付ける時に手が汚れる事もないから、スマートなフィッシングであると言えます。
しかし、何度も投げては引き寄せる動作をするので、疑似餌が引っかかってしまって、取れなくなる可能性もあるので、その点は注意が必要です。

ルアー釣りは楽しいもの

釣りをする時には魚の餌を選択する事が出来ます。
それは本物の生きている餌にする事も出来ますが、疑似餌としてルアーを使用する事も出来ます。
ルアー釣りの魅力とは、魚を上手く誘い出すためのテクニックが必要になる事です。
テクニックがある方であれば多くの魚をヒットさせる事が出来ますので、上達すればそれだけ楽しいものとなる魅力があります。
投げる方向性などの正確性が求められる事や、本物の餌の様に見せるために操作をするテクニックを必要としますので、初心者の間は結果を出す事が難しく感じる方も多くいます。
しかし、実際に様々なテクニックを身に付けて上達していく事によって、しっかりと結果が出ますので、上達を実感する事が出来るスポーツとしてとても人気があります。
海でも川でもルアー釣りを楽しむ事が出来るようになっており、目的とする対象の魚によって種類を変更する事が必要です。
求められるテクニックも種類によって異なる楽しみがあります。

注目サイト

白金台の賃貸マンションで2LDKの即入居可能な物件を見つける

Last update:2017/8/28

『釣り ルアー』 最新ツイート

@bassmaniabass

バス釣り!名作!釣れるルアー【スピナーベイト編】 IMAKATSU - ジンクス コンセプトは、平行に一定レンジを引きやすく。硬質ワイヤーによる高強度・形も独特です。ミニ、小南カスタム、スーパーヘビーといったモデルもラインナップ。 https://t.co/7tiI9vyM0m

6分前 - 2018年07月17日


@aaa_17284_aaa

今週も釣りに行けそうもないから ルアー眺めてるだけー😬 ライザーも投げたいし コツ忘れんうちに早くアベンタ投げたいー! https://t.co/SHaw8RqFDk

17分前 - 2018年07月17日


copyright(c) 2009 「1から始める釣りガイド」 all rights reserved.