1から始める釣りガイド

釣り竿の選び方

初心者のための釣り竿選び

釣りの基本はまず竿選びですが、初心者にとってはどれも似たようなものに見えてしまうものです。
そこで、店に行く前に、選び方のポイントを知っておく必要があります。
まず、最初にチェックすべきは、魚がかかった時に竿がどこから曲がるかです。
穂先3分目ぐらいから曲がるものを七三調といい、これが一番標準的なタイプだと言えます。
先調子は先端に近いところで曲がり、当たりの反応が弱いために初心者には分かりにくいですが、繊細な当たりを知るには最適です。
このタイプはヒラメやカワハギなどの釣りによく用いられています。
胴調子は中央部分から曲がるもので、強い当たりでも衝撃が吸収されるので仕掛けが切れにくいのが特徴で、鯛や青物用によく用いられます。
また、扱い自体も比較的容易なので初心者ならばこのタイプを選ぶのが無難でしょう。
次に、竿の長さですが、長いと風に流されやすく扱いにくいものです。
昔は、短いものは硬くて柔軟性がないという欠点がありましたが、今ではそういった欠点も改良されているので短めのものを選ぶのが賢明でしょう。

釣り竿選びのポイントとは

老若男女問わずに釣りは誰にでも気軽に始められる趣味として人気がありますけれど、竿選びについて最低限覚えておきたいポイントもあります。
釣った経験があまりない初心者の方にしてみれば意外に感じられるかもしれませんが、竿は結構種類が豊富で選択を誤ってしまうと、釣りにくかったりせっかくの魚を取り逃がしてしまったりしやすくなります。
選び方のポイントとしてはいくつかあるのですけれど場所や目的の魚、購入予算などによって決めることが一般的です。
その違いによって磯ザオや前打ちザオ、ヘチザオにシーバスロッドなど選択すべき最適なアイテムが変わってくるのです。
もっとも初心者に適しているのは磯ザオであり、その理由は幅広い魚やスタイルに対応しやすい点があげられます。
知識やスキルが増し慣れてきたら自分の目的に合わせて様々なシーンに適したアイテムを使い分けるのがベストですが、どれを選んでよいかまったくわからないという方ならば磯ザオから購入されてみてはいかがでしょう。

『釣り 竿』 最新ツイート

@UTo527_2

釣りしてるロbロの竿にかかってゾmがピチピチ言うところとブロック置くタイミング合わなくて2人でピョンピョンしてるところスコティッシュフォールド

1分前 - 2018年09月20日


@tsuri_kihon_bot

竿が重いほど ・感度が悪くなる。 ・細かく動かしにくいので、竿でルアーを操作する釣りに向かない。 ・ブレずに止めておけるので,リールを巻いてルアーを操作する釣りで一定速度の泳ぎを演出しやすい。

2分前 - 2018年09月20日


@hot_r_fishing

お疲れ様です。 竿の握り方、リールの操作、タナ・底を取る、糸フケを取る、など、沖釣りの基礎の基礎からがマンガで読めます。よろしくね♪ https://t.co/fPiYwYTK6V

3分前 - 2018年09月20日


pickup

契約書管理のシステム

最終更新日:2018/8/9

copyright(c) 2009 「1から始める釣りガイド」 all rights reserved.